2010年 07月 27日

development


a0073456_14341454.jpg


Better late than never.

いつからでもいいんだ。
やらないよりうまくいかなくたってやった方がまし。
生物は死ぬ直前まで発達できるんだ。

"in the future"
Nikon D70




久しぶりに料理ネタでも。

隣のおじちゃまが暑さ対策でゴーヤを植えていて
毎年かなりの数をもらうのでなんか出来ないかと昨年作ってご近所さんに配ってみたら
これがえらく評判がよく、レシピを聞かれるようになりました。
なんでも苦手と言っていた人まで食べられる事が多いのだそう。
(友人宅のパーティに持っていった時もすごく喜ばれました。皆、人からゴーヤを貰うそうでいいレシピが無いかと探すそうです。(笑))

苦味が無くなるわけではないですがサッパリとした味ですし、色々なものを適当に混ぜても美味しいので
もし「沢山あるんだけどゴーヤチャンプルー以外にできないかな?」と思っておられる方がいるならば、
是非作ってみて下さいませ。

「ゴーヤの梅肉和え」

材料
・ゴーヤ1本 ・エノキ茸1/2束 ・ミョウガ1個 ・梅干し2つ
・この他に茹でた鶏ササミやシソなんかも合います。

1. ゴーヤは薄くスライス。エノキは適当な長さにする。ミョウガは千切りに。
2. 梅干しは種を取り、たたく。
3. ゴーヤとエノキ茸をかつおだしで軽くゆがく。(鰹だしはゴーヤの苦みをとります。)
4. 3をざるにあけ、冷ましてから、ミョウガと梅肉で和え、冷蔵庫でさらに冷やす。

ポイント
・ミョウガは最初に梅肉をたたいて作る時に一緒に混ぜてたたいてもOK
・色を悪くしたくない場合は氷水等で茹であがった時に一気に冷やす。
 ただし、栄養分は抜けますし、鰹だしの味は消えます。
 鰹だしの味が欲しい時は、市販の粉だしを梅肉と和える時に少し入れてもいいです。

こんな感じです↓

a0073456_14534671.jpg
[PR]

by top-to-toe | 2010-07-27 14:55 | Nikon 写真


<< a well-regulat...      season >>