2009年 12月 30日

a cherry tree


a0073456_1710561.jpg


A joy which you gave me was like a cherry tree.
あなたが私にくれた喜びはまるで桜の木のようだった。

The flower by the name of happiness bloomed little by little in my heart.
幸せという花は 私の心の中で少しずつ 咲いていった

"a cherry tree"
Nikon D70




コメント下さってる皆さん、遅レスごめんなさい。
まだ本調子じゃないのと、みなさんの優しい言葉に甘えてゆっくりやってます。


昨晩は仲の良い友達とクラブに行ってきました。
と言っても彼と行くのは初めてだったのだけど。
(二人で期待してた音は鳴らず、その辺は少しがっくりだったんだけど)
話して踊って手をつないでいくつものフロアを駆け巡って、久しぶりに本当に楽しかった。
朝6時半に帰ってきたんだけど、顔洗って歯を磨いてベッドに倒れこんだらそのまま7時間。
久しぶりにぐっすり寝れた。

彼は私の写真に対するある考えを植え付けてくれた人で
それは私にとってものすごく大きなことで、私は彼に偶然にも出会えたことをとても嬉しく思っているのだけど、
写真だけじゃなくて、色々な部分で共通に好きなものを持ってることがさらに嬉しい。
私と同年代の写真仲間とクラブ行けることなんてまず無いし、音楽に関する造詣も深い。
二輪・四輪に関してはプロフェッショナルだし、良く考えたら色んなことを私に教えてくれる人なんである。

で、こういう人と「遊ぶ」のは本当に楽しい。
普通の知り合い10人と話しても解決されないっていうか消化されないことが1発で消化されるんだよね。

「なんで知り合ったんだっけ?」
「思い出さなくていいから。」
「ん?本当になんでだっけかな?」
「そういうの思い出さなくていいから!」

何故出会ったかをすっかり忘れてた昨日。
先ほど八百屋行って人参手にした瞬間思い出しました。(笑)

うん。本当に偶然。そう考えるときっかけと言えば言える「大嫌い」なあの人にも感謝かもしれません。
でもって嫌なやつさえ感謝されるやつに変えてしまう彼というのはまた偉大だな、と改めて思った年末なのでした。

さ、私はこれから親友のねーさんと、いつものバーで飲みあかし。
今年最後の営業(マスター、明日にはライカと共にヨーロッパに長期旅行。いいなぁ。)なので友達も多分沢山来ます。
父の知り合いの猟師さんが獲った鹿肉を渡してあるのですが、何を作ってくれるのだろうか?
楽しみです。

写真はあんまり撮っていない。でも色んな人のおかげで少しずつ元気が出てきました。
年初め、もう少し元気になってればいいな、と思います。

ではでは。行ってきまーす。
[PR]

by top-to-toe | 2009-12-30 17:55 | Nikon 写真


<< Keep your dreams      in the dark >>