everything but the kitchen sink (saori's photoblog)

toptotoe.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 30日

Dream a Little Dream of me

a0073456_2455452.jpg



"Peter's dog"
Nikon D70

イギリス滞在記 その26(Biggleswade編)
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-30 03:08 | Nikon 写真
2010年 12月 28日

雑感 not get lost

a0073456_1114920.jpg


イギリス滞在記書いてたのに手違いで消えたー。なので今回1回お休み。

今日は仕事終わった後、六本木に友達の個展を見に行った。
帰り、なんとなく歩き始めちゃって、写真を撮り始める。
こういう寒い日は特になんだけど、神経尖ってきて、集中がすごい。
最初っから全てXperiaでいってみようとは思ったけど、なかなかね。
ふふん。ワタシノシャシンガ・カメラニイゾンスルハズガナイ。いーねっ!

結局気づいたら新宿近くまで歩いてきてた。で、狙ったように美奈ちゃんからメール入る。
相変わらずタイミングがいい事で。
結局ねぐらCANDYで少しだけ飲むことにした。
でもちょっとよ。明日、仕事最終日だからね。(本当は29日だったんだけど。)

仕事の事とか写真展の事とか色々話したけど、
いつものようにだらだらせず、宣言通り本当にちゃっと引きあげて山手線に乗る。
渋谷駅でお別れ。どーせまた年内会う気がするけどね(笑)



あぁ、このままどこかに行ってしまいたい気分だ。
ここんとこ、家には寝に帰ってるだけに近い。
原因はわかっているのだが、とにかく帰りたくないのだ。
私にはどこにも、帰りたい場所など、無いのだ。


ヤドリギを無くした鳥は地上に降り立つ事も許されず。
優しく光る月の光に憧れはするが、近づこうにも高く飛べず。
ただただ飛び続けて後は落ちるだけである。
どうせ落っこちるのなら早く落っこちたいのだが、私は中々タフでそう簡単にはいかないらしい。
実際はさ、落ちないように、自分の体や気持ち、見て見ぬふりしてるのかもしんないけど。



ここのところ毎日毎日同じ夢を見る。
I dive into the blue, so blue lagoon.
海の中には何も無くて、ただただ青くて、
戻らなくては、という、生への執着も自らの吐いた泡と共にどこかに消えさる。


じゃぁ、消えて無くなりたいかっていうと、そうじゃないけどね。
以前と違って、明日を迎えるの、楽しいもの。なんとなくだけど、今は目標もあるし。
ただ、どこかでやっぱり願望が残ってしまっているのかなぁ、って思う。
まぁ、ぬぐいされなくたっていいんだわ。墓まで持ってけばいいだけの話よね。
夢から覚めれば結構元気だもん。今日も頑張りましょう、ってさ。


体が動かなくなるほど動き回って
馬鹿馬鹿しいほどに笑って
好きな写真を好きなだけ、やる。


時々暗い何かがふっと表に出てきちゃう事もあるけれど、、
実際のところ、私はちゃんと、真っ直ぐ、光り輝くその場所へと進んでいるのだ。
迷ってるようで、私はきちんと、真っ直ぐそこへ進んでいるのだ。


さぁ、今年最後のお仕事。気合入れて頑張ってきまーす。
(で、終わったらもちろん、飲む(笑)。明日はどこに行こうっかなー。)
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-28 01:29 | PENTAX 写真
2010年 12月 26日

The women get ready

a0073456_142186.jpg


普段の仕事+個人的な仕事でいっぱいいっぱい。
で、こういう時に限って、トラブル舞い込む。
まぁ、今さらあたふたしても仕方あるまいよ。腹決めて、やるこったね。

あ、でも遊びもがっつりしてます。
24日なんて夜中じゅう渋谷&新宿徘徊してたよ。(笑)
寒い中、柵の外から覗きこんだ御苑は綺麗でした。
写真展の準備はイマイチ進んでないようで、でもなんとかなりそうな感じ。

今日はこれから忘年会です。
1品持ち寄りなんですが、チリビーンズのリクエストを受けたので作りました。
(私のチリビーンズは自分でいうのもなんですが美味しいです。)
で、ちょっとここんとこ母親との確執があり、彼女に腹を立ててる私は
鬼の居ぬ間に(今日、ママンは撮影に出かけとる。)とばかりに、
冷蔵庫の隠し高級食材がーっと使って他2品も作りました。
みんな美味しく食べてくれるかなぁ。

あともうちょっとで今年も終わりですね。
寒い日が続いてますので、皆さんも体調にはお気をつけ下さいませー。

イギリス滞在記 その25(Biggleswade編)
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-26 14:36 | Nikon 写真
2010年 12月 25日

season's greeting



a0073456_8243019.jpg



あなたにも わたしにも

世の中の全てに 祝福が降り注ぎますように
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-25 08:25 | Nikon 写真
2010年 12月 23日

We have a distance, but feel no distance.

a0073456_1081814.jpg


昨晩は素敵なLeica写真を撮るN氏と急遽渋谷で飲むことに。
2件目は新宿にという話だったんだけど、
私が前々から行ってみたい渋谷のある通りの話をしたら
じゃぁせっかくだからそこに行ってみようかという事になった。(Nさんは時々行ってるらしい。)
入ったお店はディープもディープ。
Nさんも2回目だというその店。広さは多分3畳あるかないかくらい。
初めて入ったというのに、私は酔っぱらったママの代わりに客におでんをよそったり注文を取ったりと。
焼酎水割りグラスにナミナミと口いっぱい注がれた焼酎(ママはそれを「ロック」と呼ぶ(笑))を
満員電車の中で飲んでる感じね。もうぎゅうぎゅうなの。www

隣に座ったオジサマ2人といやに気が合い、
(酔っぱらった上に外見褒められたので私はご満悦でした。)
我々はその方たちに招待され、渋谷の小さいけれども大変素敵な割烹に連れてってもらい、
帰りは駅まで手を繋いで歌いながら帰るという楽しさ。(Nさんはもう一人ともう少し残った。)
明日、仕事の依頼でその方とまたお会いします。

新宿もいいけど、渋谷もなかなかね。
Nさん、次もまたあのお店行きましょねー。ムツコちゃん(上海生まれのママ)最高でした。

イギリス滞在記 その24(ロンドン編)
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-23 10:19 | Nikon 写真
2010年 12月 20日

Fortune in reality


a0073456_2349186.jpg


"a squirrel"
Nikon D70

昨日はHとアベニューQを観に行った。
トニー賞も獲っていて、アメリカでは結構有名なんだけど、
とにかく内容が大人向けらしいってことくらいしかわからずに行く。

....で、すごかった。もうピー音しか入らないあっち(エッチ?ww)系の単語の羅列。
私はたまたまいくつか知ってたんですが、あれ全部わかってる日本人はかえってやばいです(笑)
いや、言葉だけじゃなくて、動きもすごかったけどさ。
セサミストリートの人形のベッドシーンって。しかも凄く激しい(爆)
あれ、男の人が「話題だから」なんて1回目のデートに誘ったら間違いなく振られる気が。
セクシャルハラスメントなんてレベルじゃないですね。
(まぁ、私たちは大丈夫だったですけど。楽しかったよねぇ?H君。)

お勧めかどうかは別として、大人の、アメリカンジョークが大丈夫な方は行ってみるのもいいかも。
まだ若干席は残っているようです。字幕付きなので、英語わからなくても平気よー。
あ、ばかばかしいだけじゃないですよ。中々深いなぁって思う所ももちろん盛り沢山でっす♪
ちなみに私はbad idea bearsというキャラクターが一番好きになりました。

イギリス滞在記 その24(ロンドン編)
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-20 00:17 | Nikon 写真
2010年 12月 16日

close my eyes, and open my mind


a0073456_22184926.jpg


"I live"
Nikon D70

イギリス滞在記 その23(ロンドン編)
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-16 22:41 | Nikon 写真
2010年 12月 15日

No change, no life. No photo, I die out.

a0073456_0203446.jpg


ArtcompeX 10.
無事終了致しました。
結果は残念ながら4位。NY行きは逃してしまいました。
それでも壇上から名前を言ってもらえたのは嬉しかったです。(5位まで発表されました。)

写真を出したのは自分だけ。
大きさそのものや筆や手が描く他の人の作品達の力強さに圧倒されて、
やっぱり少し落ち込んでしまいました。
自信が無かったわけじゃなかったのに。

ところが、土曜日。
会場には結構なお客さんが来ていて、私の写真もそれなりにきちんと見ていてくれて。
最初は声をかけずにいたのだけど、床にばらまいた写真を丁寧に見てくれてる人もいたので、
(今回初めてインスタレーションなるものをやってみて、壁掛け7枚に通じる意味を含ませて
手札~2Lの写真を50枚ほど、裏にメッセージを入れて展示しました。)
午後からは少し、人に話しかけてみました。


今回、私はテーマ的にはありきたりなものなのだけど
「破壊と復活と再生」的なものを自分の写真に織り込んで展示しました。
撮った写真とタイトルにそれを刻み込んだつもりです。

で、すごく嬉しかったのは、それを言ってもいないのに人にそれが伝わっていたこと。
私の真意を、(もちろん全員ではないけれど)観て下さった多くの方々が
私が口に出す前に私に伝えてくれた。

日曜日、発表が始まる頃にはなんだかとても充足感が強くて
「あぁ、やっと私の中で写真が1つ完結したなぁ。」って気持ちになりました。
で、それは月曜日が来て、いつもと変わらない仕事が始まって、
まだ少ししか経ってないにも拘らず、コンペがもう遠く前の事だと思ってしまうような今でも
そのままずっと変わらないでいます。

私が写真を始めてからずっと私の写真を見守ってくれていた高校の同期が来て言ってくれた。
片方はプロで片方はそうじゃないけれど、2人が口をそろえて言った。

「saori、随分変わったね。暗くない。黒い写真なのにちっとも暗くない。」

多分、この一言が大きかったんだと思う。
私が一番表現したかったのがそこだった。


NY行きがダメだった事、悔しくなかったと言えば嘘になるかも。
だって授賞式で少しだけだけど、泣いた。
一緒に参加してた、仲良しのMemiちゃんと、泣いた。
手が届きそうだったんだもの。やっぱり欲しかった。

それでも私は今回大きなものを手に入れた気がします。
月曜日の朝、会社に出かけるときの景色が全然違う。自分でもびっくりした。
人生180度変わったなんて事はないけれど、とてもとても大きな変化が生まれたんだなぁ、って。

思えばこの時期は大抵ある事がきっかけで、私は心調を崩しがち。
でもね、それもようやく払拭できつつあるのかもしれません。
5年?6年?よく考えれば長かった。あっという間のような気もするけれど、やっぱり長かったんだと思います。
で、結局私を変えるきっかけを作ってくれたのはやっぱり写真だった。
写真そのものもそうだけど、写真で繋がった人たちやカメラや景色や対象物が
私の人生をいい方向に変えてくれてるんだなぁって思えるのはやっぱり嬉しいよね。


さて。ゆっくりしてはいられません。
1月の写真展が待っています。
本当は少し休みたいけど、今のってるなら、それにのったまま進んじゃった方がいいよね。


四十にして不惑。
きっとこれってね「惑わない。」ではなくて
「惑うことがあったとしてもその根本を受け止め、あわてず先を見据えて進む」なのだと思う。
私は今回の事で否定ばかりしていた未来をようやく享受できることになって、
大体の友人よりも(精神的な部分で)一足「遅く」先に進み始めたばかりだから、
もう40近いのに、きっとこの先、私がふらふらしてた時にしっかり頑張って進んできた
同年代の人たちよりもずっとずっと惑うことも多いし焦っちゃうと思う。
それでもこれからは惑う根本をきちんと受け止めて理解できるようにはしたいと思います。
適当に生きてきたキリギリスはこれから頑張って人生を生き抜いてやるのだ。

さ、明日もお仕事です。UK特集もそろそろ再開しなくちゃねー。
(これからちょっとだけ流星群を見る予定ー。皆さん観てるかな?)
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-15 01:02 | Nikon 写真
2010年 12月 10日

It's me.

a0073456_10186.jpg


Art compeXの搬入終えました。
毎年の会場と違って、今年は大きく、天井も高くて
私の作品たちは壁にきちんと並んでとても行儀よく、素敵に見えたけれども、
それでも周りを見ると姿かたちがいいものばかりで
おもわずため息なんかをついてしまった。

でもまぁ、私の作品はもう誰かを待っているのだ。

どんな写真展であっても、前日は複雑な気持ちである。
自信があるようでないようで、
自分をさらけ出すのが心地いい半面とても辛くて。

一体私は何をしているのだろうか?

今日は仕事もおろそかになってしまってミス連発。
気にしてないようにしてて、どこかでひっかかっていたんだろう。

さすがに帰りは飲んでしまった。

あまり好きではない村上春樹の小説を
文章を文章としてではなく、文字の羅列を鑑賞するように読む。

一体全体私は何をしているのだろうか?

沢山の人を思い出す。
沢山の思い出を頭に描く。
大脳が痺れたといったような感覚が続く。

そもそも私は何がしたいのだろうか?

私は私の撮った写真と共にどこかに沈んでいってしまうような気がして
その思いを断ち切るように、大きく頭を振った。


逃げたって捕まる。
だったら迎え撃てばいい。
私は私の心と向き合ってそこから逃げ出したい心と戦って生きていくのだ。




本当に一緒に出すのが辛いくらい素敵な作品が並んでました。
帰りの地下鉄で自信が無くなって泣きだしそうになるくらい。

それでも私が出した写真は、私の今の精一杯が、私自身が、きちんと表出してたと思う。
私のハンドルネームのtop-to-toeそのまま。頭の先から足の先まで。私の全て。



投票なんてどうでもよくなった。
写真を飾って自分をきちんと見せれる事が何よりも嬉しい。

よかったら私を見に来て下さい。


ART COMPE X1012/10(金)~12日(日)
東京都新宿区大京町12-9
アートコンプレックスセンター※今回は地下1階の展示室です。
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-10 01:24 | Nikon 写真
2010年 12月 07日

Art compeX 10 お知らせ

文中の日時間違えてました…。
訂正あります。↓

ARTCOMPE X最終審査。
出ます。よかったら来て投票して下さいませ♪
旧作(1次審査通過写真)&新作です。

これの準備。新しい仕事は早出・残業がっつり。んでもってレイノカイ。
体力的にちょいやばめ?終わったらぐったりだろうな.....。
(特に新しい仕事はまだ慣れてなくて、毎日緊張の嵐。精神的にも追い込まれてますです。)

土曜昼から、日曜はオープン直後くらいから在廊予定です。
金曜日は仕事があがれれば来るけど、ちょっと難しそう。(金・土は20時くらいまでやってます。)
訂正です!土曜日って書いてたけど日曜日、12時で投票締め切りで、その後集計。15時から授賞式&パーティです。
沢山のアーティストの方々と交流できる参加フリーのパーティなので
是非是非皆さん遊びに来て下さい。
アクセスはこちら。

a0073456_551205.jpg


あ、ところで皆さんのところにコメント残せずごめんなさい。
会社の昼休みにXperiaでこっそりROMってます。
早く元のブログ生活戻りたいよ.....。
[PR]

by top-to-toe | 2010-12-07 05:57